メリットとデメリット

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

医者NK細胞療法にはメリットとデメリットがあります。まずメリットとしては副作用の心配が少ないことです。これまでがん治療においてはさまざまな副作用が生じてしまうという悩みがありました。髪の毛が抜けてしまったり、痛みが生じてしまうことがあったのです。これらの副作用によって生活の質が落ちてしまいました。ずっと苦しみ続けなければいけなかったのです。それがNK細胞療法の場合はこのような副作用がないため安心できますNK細胞療法を行う“がんのクリニック”でも、身体への負担が少なく、標準治療で起こるような重い副作用は極めて少ないことが報告されています。

また、効果が長く続きやすいというメリットもあります。人間が本来持っている免疫系を利用するシステムのためです。効果が現れたならば、それはずっと持続するのです。免疫力を高めることによって、がん細胞が増殖するのを防ぐことができます。また、他の治療方法と併用することもできます。いろいろな治療方法と組み合わせて行われることが多いのです。

デメリットとしては、すでに免疫力がなくなっている方には効きにくいという点があります。その人の体からナチュラルキラー細胞を採取して、それを活性化させて行われるのがNK細胞療法なのです。そのため、基礎体力が著しく低下している方には効きづらいです。

NK細胞療法はこのようなメリットとデメリットのある治療法です。最後に治療条件について説明します。